気になる!札幌での生活はどんなものなの?

札幌の夏は涼しくて良い

札幌は北海道の西部のほうにある街で、東京が北緯35度であるのに対し、札幌は北緯43度地点に位置しています。そのため、東京都との気温差は激しく、8月でも最高気温は30度前後にしかならず、35度を超える猛暑日になるようなことはありません。そういった気候状況により、エアコンではない冬用の暖房器具はついているものの夏用の冷房器具はついていない部屋が多く存在します。しかし、前述通り8月でも最高気温は30度前後、高くても31度、32度くらいにしかなりませんのでクーラーなしの部屋を選択しても大きな問題はありません。ただし、断熱性が高い物件に住む場合は、その断熱性の高さが夏には悪影響となって夜に暑くて寝られない日も出てくる恐れもあるので、クーラーが付いているかよくチェックすることをおすすめします。

札幌の冬は12月は良いが1月・2月は厳しい

札幌には11月の段階で雪が降る日も出てきて、12月には道端に積もり始めるようになります。そして、この街は大通りをメインスポットとして毎年開催されているクリスマスのイルミネーションが有名な都市で、雪の降らない地域の人達には憧れである「ホワイトクリスマス」の体験が実際にできます。そういった意味で、12月はクリスマスイルミネーションがきれいだという事とまだ降雪量が少ないという意味で冬の中ではよい時期です。ただし1月、2月ともなると最低気温がマイナス10度近くなり最高気温すらマイナスの日まで出てきます。そして、猛烈な雪とプラスして吹雪まで起こる時は、朝の時間帯などにおいて歩行する事自体が大変困難になる日もあります。そのため、札幌で賃貸物件を探す場合は地下鉄の駅のそばの部屋を借りることが重要です。

同じように函館の賃貸を探している方でも、住みたい物件に対する条件は異なります。そこで家賃や部屋の広さ、さらには駅からの距離など自分の希望条件を整理して賃貸物件を選ぶようにしましょう。

© Copyright Auto-lock Property Found. All Rights Reserved.